人口減少を食い止めた村として有名な長野県下條村に
議員研修に行って来ました。

 image

村長は就任して行った行財政改革として職員削減を行い
全国の類似団体1000人当たりの職員数16.98人の所
下條村では7.90人と約半数の人数で運営されています。

「少ない人数では仕事が倍出来る」

その村長の発言に同時に研修を受けた他自治体の議員より
image
 

「倍の仕事で給与は?」

の問いに対して

「もともとこの人ら(職員)は仕事を半分しかしてなかった
だから今が当然なんだよ」

と、この信頼関係がこの村が注目されている点だと気が付き
ました。

トップのリーダーシップを発揮するには、目標を定めそれが
職員に共有できる事により、そこに住む住民に伝わる

そこで全住民一致で取組めは人口減少を食い止める事も出来た

そんな素晴らしお話を聞く事ができました。


〜〜〜下條村の主な取組み(抜粋)〜〜〜
少子化対策 出産祝金 保育料の補充 入学祝金
      医療費無料化 給食費補助

何より下條村独自で補助金を使わないでの住宅建設
若者専用住宅 H9〜H18までに10棟(124世帯)

資材支給事業 村民自ら行うな公共事業
       H4〜H25 延べ1565ヶ所
       原材料費 2億9645万円
下水道事業 オール合併浄化槽
中学生海外研修事業 中学1年生を3泊4日の研修半額補助
小・中学校への村費講師(先生)雇用
情報インフラ整備 全戸に光ケーブル

財政状況
起債残高(借金)一般会計 11億1746万円 
        交付税措置を差し引くと 1億1457万円
基金残高(預金)一般会計 60億3316万円

経常収支比率 65.1%・・・下呂市 88.6%
   ※数字が少ないほど弾力性が多い

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜