下呂市議会 今井まさよし

下呂市議会議員の今井まさよしです。天下の三名名泉下呂市が楽しい町に成るよう頑張ります。 応援よろしくお願いします。

下呂

祝☆新成人

平成29年下呂市成人式 7日8日の2日間行われます。

本日7日は萩原地域・馬瀬地域・金山地域で行われ、私は馬瀬地域に議長代理で参加しました。
 image







今年は379名の方が新成人となられ、萩原地域123名 馬瀬地域17名 金山地域73名 下呂地域136名 小坂地域30名の方々が新成人となられました。
image

 
この成人した人たちの多くが、一旦郷土を離れても再び下呂の地で働き、暮らせるまちづくりを行って行かなければ鳴ら無いと、改めて感じました。
郷土に誇りを持ち、夢をしっかりと持って一回りも二回りも立派になって帰って来てほしいと感じました。
image
新成人おめでとうございます。

先人の知恵と防災

昨日2日には

お昼から地元中小川「観音堂」の 落成記念祭が行われ参加してきました。

地元の皆様方の寄付により、床・壁・水回りの改修を終えて綺麗になった
御堂の中で午後1時より記念祭が行われ、先祖代々受け疲れてきた
歴史の重みをも感じる事が出来ました。

このような文化の継承を、今後も失う事無く進めていく事が今後の課題です。 
20140202_133331

皆様との直会 (なおらい)を楽しみにしてましたが、

2時より下呂市主催の防災気象講演会
「命を守るための気象情報」を聞きに行って来ました。

気象予報士の寺尾直樹さん(NHK出演)より、
天気予報からみる防災をテーマに御講演を頂きました。
様々なデータから出される警報・特別警報に素早く反応し
命を守る行動を起こす事・・・

更には、五感を活用(観天望気)・・・

昔から言われている、雲を見て、風を感じて天気を予想
する。自らの五感で天候を読む事も重要と、

昔からの言い伝えや風土に残る先人の知恵を受け継ぐ
事がやはり防災にには必要と感じました。

講演が終了後

美濃加茂市で行われている「KI感謝祭 」へ

東日本大震災発生後より毎月ボランティアバスを運営され
被災者への支援を行っているKIプロジェクト・・・
 image
最後の意見交換会のみの参加でしたが、3年を迎える活動を
通じて、様々な体験をされた方々よりお話を聞く事ができました。

最初は被災住宅などでの泥をかき出し、海岸清掃など
の仕事が主だったが、最近では被災者の方と一緒になって
炊き出しを行ったり、グランドを整備したりとの活動を通じ
実際に被災者の方の生の声を聞かれる機会が増えたそうです。

その中でショックだったのは、

「誰が悪いわけでもない、時間がかかり過ぎた、だから私は
復興住宅を待つ前に、別の場所に移転して生活する」 

という意見が多い現実です。

市役所職員をはじめとする行政マンは本当によくやってくれている

しかし、進まない現実がある。 

その言葉を聞いて大変ショックをうけました。 

楽しい一時

毎月5日は・・・・五日会

五日会とは、毎月5日に小坂の方々が集まり、

お酒を交わし様々な意見を交わす

とても楽しい会が行われています。

私も、この仲間にいれていただいて、

様々な意見や要望を聞くことができ、

まちづくりの参考にさせていただいています。

今月は、特別ゲストとして参議院議員の

渡辺たけゆき先生がおこしになりました。

image

 先生は、参議議員になられる前からのお付き合いらしく

会場内の方々と親交を深めて見えました。 

農業を通じて・・

今年4月に開設しました

NPO法人 かがやき
たんぽぽファームへ見学へ行ってきました。

image

20数年この地で農業を行っている

理事長 中川智文さんは、以前は青年海外協力隊で活動
されていて、桑畑だったこの地を再度開墾して農業を行う一方で、
一時は下呂中学校で教鞭を執っていた方です。

下呂中学校時代は次男の担任でした。

その後障がい者のケアホームを起ちあげられ

今年4月には障がい者就労支援B型作業所を新たに立上げ

今では7〜8名の利用者さん達が

フルーツトマトやアスバラガス・しいたけの栽培や販売を

行ってみえます。

毎週金曜日には、萩原で行っている「天領朝市」に店を出し

利用者さん達、自ら販売を行う等、社会の一員として働いています。

 BlogPaint

椎茸の選別作業を行う班と
image
トマトの選別を行う班

そして、以前の職の経験を活かして
image
畑を開墾する人も・・・・

自らが、自分に合った仕事をこなす・・

そして、働くだけではなく

明日は、皆で電車や車に分かれて東山動物園へ遠足に・・・

利用者さんの元気ではつらつした声で、こちらが元気をいただきました。

 

入学シーズン

8日には市内各地の小学校で入学式が行われ、私は下呂小学校に参加してきました。
3月に完成したばかりの体育館で在校生298名が新入学生42名を暖かく迎え入れていました。

9日には市内各地の中学校で入学式が行われ、下呂中学校に参加してきました。桜が満開でまさに入学式にぴったり。
20130409_102210


以前長男の担任だった先生が6年ぶりに下呂中に戻ってきていたり、懐かし先生方の顔が見え、久しぶりに戻ってきたって感じです。

 
今年度の入学生は62人で、在校生より歓迎の歌で迎えられ、下呂中の伝統である合唱を通して仲間をつくり、楽しい3年間と成れるよう期待したいですね。

午後からは「岐阜県立下呂特別支援学校」の開校式・入学式が有りました。
開校式

知事の挨拶の中では「特別支援学校の計画『子どもかがやきプラン』では当地区の計画は平成24年度以降に開校を検討するとありましたが、平成20年6月に保護者の方が中心に成り、多くの署名を添えて早期開校を要望され、翌年には部分開校(高等部のみ)が実現、その後本格開校へ向けて4年の歳月がかかりましたが、この学校への思いは多くあります。」と大変嬉しいお言葉をいただきました。
 

市長より「この特別支援学校が出来、地域の皆さんが草むしりなど、学校への深い理解があり、昨年の第1期卒業生も市内での就労が行えた」と挨拶があり、県と市・市民が連携し障がい者の中核的な施設になる事を期待します。
 
Archives
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ