学生の頃、通知表を受け取る時のドキドキ感・・・
勉強しなかった時としっかり目標を定め勉強した時、あの通知表にはしっかり見抜かれていた思い出がありませんか?

6月定例会、一般質問では評価システムについてお聞きしました。

まず、評価システムに入る前に、日本創成会議が2040年までに20〜39歳までの女性が半減し人口減少が止まらず消滅してしまう、「増田ショック」の発表を受け、当市も消滅市として挙げられた事について市の感想を聞きました。

A:深刻な問題だがこれだ!という解決策はない。少子化対策としての保育料無料、医療費無料化や雇用対策として小口融資や就職ガイダンスを行っている。

人口問題も深刻だが財政が持続可能な運営を行うためには、事業仕分け、特に事業を行っているのが、誰が?誰のために?どんな目的で、いくらの予算をどこに支払ったのかを統一された書式により、明確さと透明性をもって公開すべきだ

A:合理化計画をすすめるにあたり、選択と集中を行いながらすすめてきたが、公開はしていない。しかし、評価とう観点では、目的の妥当性・有効性・効率性面の明確さや費用対効果に欠けるものもあった今後検討する。

事業を総合的に評価する事により、住民が出来る事、行政でなければできない事が明確になる。

A:事業を継続するためにも、住民にも関わって頂く事が「地域力の強化」であり「市民協働」に繋げていきたい。


今後ますます財政が厳しくなる事は皆さんも感じて見えるでしょうが、厳しい時代を迎える時だからこそ、選択と集中をし、費用対効果が高い事業には積極的に勧めていく事により、下呂市の経済が潤えば、厳しい時代ではなく、夢と希望が持てる町になります。

今ならまだ間に合います。行政が積極的に情報を開示し官民一体となった経営する町づくりを目指しましょう